ゆきの自然観察日記

鳥と昆虫が好きな中学生が絶滅危惧種を保護絶滅危惧種にさせないために 日々愛知県で写真を撮影しているブログです 愛知県でも豊田市中心 見たい鳥はヤマセミとアカショウビンです 見たい虫はミヤマカラスアゲハとヒョウモンモドキです 鉄道も好きです 豊田野鳥友の会に入っています」

どうもこんばんは。


今回は日曜日に行った、森林公園の野鳥と昆虫について紹介していきます。
カメラマンが20人ぐらいいたのですが、僕ともう一人のカメラマン以外全員P900使っていたのは驚きました。
この日のカメラは、マクロ撮影もできる300㎜レンズとkiss x7です
IMG_3452
まず岩本池にはカイツブリがいっぱい!!!
20羽ぐらいいました。
水上ダッシュしたり、潜ったり、のんびり浮かんでいたりしてました。

IMG_3457
カワウは羽をばっさばっさしてました。
IMG_3459
カルガモ、コサギ アカミミガメ、カワウ、コガモ

鳥までの距離が遠い。。。
カメラマンの皆さんがP900を使っている理由がよくわかりました。

IMG_3470
道ではツバメシジミが給水してました。
IMG_3485
セイタカアワダチソウにはたくさんのツマグロヒョウモンが集まってました。
IMG_3481
草むらには褐色型のウスイロササキリ
IMG_3502
オナガササキリがいました。
IMG_3493
後池にはキンクロハジロも一羽いました。

カメラマンの方は朝はオシドリが20羽ぐらいいたよと話していましたが見ることができませんでした。
これからは冬鳥の時期なので、とても楽しみです。
実は今日ジョウビタキのような声を聴きましたが、姿は見れませんでした。
一番最初に見れる冬鳥は何だろう??
あ、今日見たカモはなしです。

では(^^)/~~~バイバイ


今日は鶴舞公園で撮影した野鳥と、扇子山のタカの渡りを紹介していきます。

まずは鶴舞公園からです。
DSCN1251
まずはムクドリ

この近くにオオムシクイもいましたが、撮影はできず。。。
IMG_2551
コサメビタキもいました。
DSCN1250
もう一枚コサメビタキ。
ちょっとオオルリみたいになりました。


この林には他にキビタキ、オオルリ、サンコウチョウもいました。
この公園の池にはササゴイの幼鳥がいました。
DSCN2554

IMG_2541
アオサギ

次に旭公園で撮ったカイツブリん
めっちゃ遠かった。。。
_MG_2579
二羽とも幼鳥です。
DSCN2563
次に新舞子海岸に行きましたが、特に何もおらず。
次の週は清洲駅に鉄道撮影に行きました。
一枚だけ張っておきます。
IMG_2782

そして次の週は扇子山にタカの渡りを見に行きました。
しかし、この日はほとんど午前中に飛んだようです。
展望台にいた人は、午前中はサシバが400羽ぐらい飛んだんだけどね。
と話していました。
IMG_3092
山からの景色を撮りました。
最高!!
IMG_3131
これなんかサシバっぽいんだけど
なんなんだろう。
IMG_3151
これはトビだと思う。

小鳥はたくさんわたっていきました。
ヒヨドリ、カケス、アカゲラ、コサメビタキ、ヤマガラなどが渡っていきました。

IMG_3163

IMG_3167

IMG_3164

IMG_3162
このような鳥が見られるそうです。

では(^^)/~~~バイバイ

( ノ゚Д゚)こんばんわ

先週見に行ってきた清洲駅のの貨物列車を紹介していきます
もちろん一人旅です。(寂しい。。。)

まず最初に来たのはEF510とEF210の重連
IMG_2718
二本目はEF64大宮更新色の重連
IMG_2730
三本目はEF210
IMG_2744
ここでお昼になったのでご飯を食べに稲沢駅へ向かいます。
IMG_2749
稲沢の基地にはDD51と
レッドベア
IMG_2757
昔お召列車の機関車として使われていた、EF64 77号機がいました。
IMG_2769

ご飯を食べ終わったので、清洲駅に戻ります。
IMG_2782
清洲駅に戻ってすぐ、EF64の国鉄色が来ました

ここからは次の機関車が来るまで時間がかかるので、ひだを撮ったり、313や311を撮ったりしました。
IMG_2798

IMG_2868

IMG_2902

ここからはまた貨物に戻ります。
IMG_2800
レッドベア タンク輸送
IMG_2826
見事な編成美のEF210
IMG_2849
EF64重連
IMG_2884
EF64
IMG_2903
DD51
IMG_2911
DD51とEF210
IMG_2972
EF64 赤ホキ

帰る途中の大府駅には白ホキがいました。
IMG_2997

清洲駅めっちゃ楽しかったのでまた行きたいです。
では(^^)/~~~バイバイ

↑このページのトップヘ